脱毛サロンでの脱毛方法は自己処理とどう違うの?

プロの施術である脱毛サロンでの脱毛は、自己処理で行う内容とは違うものなのでしょうか?

まだ、脱毛サロンを経験していない人は、現在でも自己処理を続けていることでしょう。

特にこれから本格的な夏となってきますので、肌を人目にさらす範囲も大きくなってきます。

当然、ムダ毛の処理部分も広くなりますね。

カミソリや毛抜きを使用したり、広範囲だと脱毛クリームやワックスを使うことが多いでしょうか。

主にドラッグストアで購入できるアイテムで可能な自己処理方法に比べ、脱毛サロンでの脱毛は、部位や範囲、回数によっても違いますが、支払い金額は高いものです。

自己処理と同じような方法だとすると、納得できませんよね。

脱毛サロンの脱毛の方法は、現在光脱毛と呼ばれる施術で行われることが多いです。

機械の光を当てることによって、毛根のメラニンにダメージを与えていきます。

期間をおいて、施術回数を重ねることで、ムダ毛が生えにくい状態にしていきます。

自己処理しなければならないペースもどんどん楽になっていくので、自己処理に必要なアイテムもあまり購入しなくてもよくなります。

それになんといっても脱毛後の肌の仕上がり感がきれいなのがいいですよね。

脱毛の自己処理が原因で黒ずみ・肌荒れになる!

ムダ毛の自己処理をしている人はたくさんいらっしゃると思いますが、特にカミソリを使用している人が多いと思います。

I字やT字などがあり、体の色々な部位に使用出来ますし、顔剃りもすることが出来ます。

皮膚の表面に生えている毛しか処理できませんが、切れ味のいい刃で剃ればツルツルに剃ることが出来ます。

ただし、カミソリでの自己処理はそれなりにダメージが多いので注意が必要です。

カミソリというのは、目には見えないレベルですが剃る度に少しずつ皮膚まで剃っているんです。

なので、毎日剃っていると肌が炎症してしまうことがあります。

カミソリ負けといって、赤いブツブツのようなものが出来てしまうこともありますし、黒ずみや肌荒れになってしまうことも。

カミソリで安全に自己処理をするにはいくつかコツがあるので守るようにしましょう。

まず、切れ味が悪くなった刃で処理すること無駄に力を入れて処理してしまうためとても肌に悪いことなので、刃はこまめに取り換えるようにしましょう。

出来るなら2枚刃や3枚刃のカミソリを使用すると剃り残りがなくなります。

毛を処理する時は、まず必ずシェービングフォームやオイルのように肌を保護するものを塗ります。

そして、毛の流れに剃って優しく剃ることがポイントです。

毛の流れに逆らって何度も剃ると、その分肌にダメージを与えてしまうので、最後の仕上げという感じで逆剃りをすることが大事です。

肌トラブルを起こさないポイントは、実は処理後のケアが大事なんです。

ムダ毛処理が終わった後の肌はとてもデリケートになっていますので、そのまま放置しておくととても危険です。

出来れば冷やした部分を冷却した後、保湿ケアをしっかりするようにしましょう。

以上のことに気をつけると、カミソリ処理での肌トラブルを減らすことが出来ます。

そして、もっと安全に脱毛したい場合は電気シェーバーを使用することをオススメします。

電気シェーバーはカミソリと違って刃が直接肌に触れないので、肌トラブルを起こす可能性が少ないんです。

ムダ毛の自己処理のデメリットは肌を傷つけてしまうこと

ムダ毛の自己処理をしているという人はとても多いですよね。

コストがかかりませんし、手軽に出来るというメリットがありますが、やはり肌にダメージを与えてしまうというデメリットが大きいんです。

例えば、多くの方が利用しているカミソリは皮膚の表面に生えている毛を綺麗に剃ることが出来ますし、ムダ毛がある!と思ったら即座に処理出来るのが嬉しいですよね。

I字やT字のものがあるので、体の色んな部位に対応していますし顔にも使用することが出来ます。

カミソリというのは目には見えないレベルで皮膚を少しずつ削っているので、とても肌にとってダメージが大きいんです。

そのため、炎症を起こしたりカミソリ負けをしてしまうことがあります。

それに、刃物なので怪我をしてしまう可能性も高いです。

丁寧な処理と、保湿ケアをすることが重要になります。

そして、毛抜きも持っている方が多いですよね。

毛を根元から抜くことが出来ますが、細い毛や広範囲にわたっての処理には向いていません。

そして、毛を抜いた後の毛穴から細菌が入ってしまうと炎症を起こし、化膿してしまうことがあります。

さらに埋没毛という、皮膚の下で毛が伸びてしまうという状況になってしまい、余計見た目を悪くしてしまうことになることも。

脱毛クリームや脱毛テープという方法もあります。

これらはスーパーやドラッグストア、ホームセンターなどで手軽に売っており、価格も1000円前後でリーズナブルです。

ですが、脱毛クリームは毛を溶かすという方法ですし、脱毛テープも貼って剥がすタイプなので肌へのダメージは大きいんです。

自己処理をする際に一番オススメなのは電気シェーバーを使用することです。

電気シェーバーは刃が直接肌に当たらない仕組みになっているので、肌トラブルを起こす可能性が低いんです。

ただ、自己処理をしても毛が数日で生えてくるということは変わらないので、その度に処理をしなくてはいけません。

脱毛サロンに通うと、少しずつ毛は薄くなっていき、しかも肌トラブルの心配がないのでオススメです。

サロンによっては遅刻はペナルティがあるので厳禁!

脱毛サロンに初めて行く方は、どのくらい料金がかかるものなのかわからないものですよね。

一応予算内で契約をしたものの、追加料金があったらどうしよう…と不安になる方もいらっしゃると思います。

基本的に、脱毛サロンでは提示された料金以外を請求されることはありません。

提示された料金以外に入会金やホームケア用品代を請求されたり、美容機器などを売りつけてこようとするサロンはいわゆる悪徳サロンなのできっぱり断ったり、クーリングオフ制度を利用して解約をすることが大事です。

ただし、優良サロンでも追加料金がかかる場合があります。

それは、遅刻をした場合や予約をキャンセルをした場合です。

脱毛サロンというのは安くて手軽に通えるというのが一番の魅力だと思うんですが、これが出来るのは回転率が良いからなんです。

そして回転率を重視しているからこそ、遅刻やキャンセルに対するペナルティは厳しいものとなっている場合が多いです。

例えば、遅刻をした場合ですが10分遅刻をしただけでその日の施術を断られてしまうということも普通にあるんです。

あるいは、遅刻した分施術時間が短縮となってしまうことが多いです。

そして、キャンセルですがドタキャンか事前にキャンセルしておくかで変わってきます。

事前にキャンセルしておいた場合は1000円前後のキャンセル料金で済みますが、ドタキャンの場合は1000~3000円ほどキャンセル料金がかかってしまいます。

3000円って結構大きい金額ですよね…もし予定が入ってしまって脱毛サロンに行けない場合は必ず事前に伝えておくようにしましょう。

お店や他のお客さんにも迷惑がかかってしまう場合がありますからね。

そして、追加料金をとられるケースとしてシェービング代というものもあります。

サロンに行く日は、事前に脱毛部位のシェービングを自分でしておかなくてはいけないのですが、つい忘れてしまうことがあります。

その場合、エステティシャンの方がシェービングをしてくれるのですが、シェービング代として1000円程度かかってしまいます。

ほくろが多くてもヒゲ脱毛は出来るから安心して

近年、脱毛をする男性が増えてきています。

特に人気なのはひげ脱毛です。

ひげが濃くて悩んでいる男性って、結構多いものなんです。

ひげが苦手だという女性は案外多いですし、剃った後に青ひげになってしまっていると爽やかさとはかけ離れた印象になりますからね。

なのでひげ脱毛は人気なのですが、脱毛方法はいくつかあります。

中でも代表的とも言える方法がレーザー脱毛です。

レーザー脱毛は、メラニン色素に反応する光を照射することで、熱エネルギーで毛の毛根にある細胞を破壊し、脱毛をするという方法です。

女性にも人気の光脱毛と同じ脱毛ですが、レーザー脱毛はクリニックで医師免許を持った方が施術をするのでもっと効果の高いものとなっています。

レーザー脱毛は毛のメラニン色素に反応するものなので、肌が日焼けをしていたりすると十分な効果を発揮することが出来ません。

また、あざやタトゥーもメラニン色素なので、その部位に照射すると痛みを強く感じてしまう場合があるため、その部分は施術出来ません。

実は、ほくろもメラニン色素なんです。

ひげが生えている場所にほくろがある人はたくさんいると思いますが、ほくろを避けてしまうとその部分のひげは脱毛することが出来ませんよね。

ほくろが多い場合は、出力を弱めて脱毛をするか、先にほくろを除去して脱毛をするかどちらかになります。

ほくろの除去に使われるレーザーと、脱毛で使用されるレーザーというのは実は同じものなんです。

要は出力が強いか弱いかだけの違いなんです。

ほくろにレーザーを当てると、熱エネルギーによってほくろはかさぶたの状態となります。

このかさぶたが取れるとほくろが薄くなり、メラニン色素が抜けていくということです。

このほくろ除去が終わると、その部分からメラニン色素がなくなるので問題なくひげ脱毛を出来るようになるということですね。

もしかすると顔にほくろが多いことがコンプレックスの方もいらっしゃるかもしれませんし、その場合この方法は一石二鳥で悩みがなくなることになります。

クリニックと脱毛サロンのひげ脱毛って何がどう違うの?

女性に人気の脱毛ですが、近年では男性でも脱毛をする人が増えてきています。

男性の体毛は男らしさの象徴とも言えますが、やはり多すぎるとファッションを楽しめませんし、コンプレックスに思っている人もいると思います。

それに、体毛は服を着て隠せてもひげは隠すことが出来ませんよね。

実は、女性の中にはひげを苦手だと思っている女性って少なくないんですよ。

ひげを剃った後の青ひげって男性自身も嫌だと思っている場合が多いですからね。

そういう理由もあって、ひげ脱毛をする男性がとても多いんです。

ひげ脱毛について調べていると「エステサロン」と「クリニック」の両方で脱毛出来ることがわかると思います。

一緒のようなものだと思う方も多いかもしれませんが、全然違うものなんです。

まず、エステサロンでは「光脱毛」と「針脱毛」を受けることが出来ます。

光脱毛は、メラニン色素に反応する光を照射することで、熱エネルギーで毛の毛根にある細胞を破壊して脱毛するという方法です。

一方、針脱毛は毛穴に針を刺してそこから電流や高周波を流すことで脱毛するという方法になります。

脱毛効果は針脱毛の方が高いですが、その分痛みも強く、料金が高めになっています。

一方光脱毛は痛みが少なく、料金が安いというのが特徴です。

エステサロンは初心者の方でもリラックスしながら施術を受けられるようになっていて、比較的遅い時間でも対応してくれる営業時間の長さも特徴となっています。

一方、クリニックでは「医療用レーザー脱毛」を受けることが出来ます。

こちらは光脱毛と同じ手法なのですが、医師免許を持つ方が施術を行ってくれるので出力を強めることが出来、光脱毛よりも効果が高いものとなっています。

効果が高いため痛みも強くなりますが、医療機関なので麻酔を使用してもらえたり、様々なアフターケアがあるところも安心です。

ただし、営業時間は短めになっているので仕事終わりに通う方は注意が必要です。

クリニックによっては男女兼用になっているので、女性に見られるのが恥ずかしいと思う方は男性専用のところを選ぶようにしましょう。